日野市を中心に、多摩市・稲城市・府中市・国立市・国分寺市・立川市・八王子市・調布市・町田市・川崎市多摩区・麻生区のお客様をご訪問いたします。

「法人成り」の事例

「法人成り」の事例


飲食店(日本料理店)

社長の略歴:大手小売店にて10年間勤務。その後、飲食業を開業。

事業形態:当初は、独学で料理を提供していたが、客足が伸び悩み、店を続けながら、師を得て修行に励む。その後、売上も順調に伸びてきて、従業員を多く抱えるようになった。
個人事業として約15年続けたが、店舗規模の拡大に伴い、法人化へ。今や、テレビや雑誌で取材を多く受けるようになるまでに至っている。



コンビニエンス・ストア

社長の略歴:大手広告代理店に20年勤務。その後、個人事業主として大手コンビニエンス・ストアと契約し、事業を開始。

事業形態:店舗の売上は、堅調に伸び、家族が十分に生活できるくらいの収入を得ることができた。そんなところに、競合店オープンの噂。多店舗化へのシフトができなければ、これまでの売上を確保できないと判断し、資金調達のハードルを下げるために法人化を決意。
現在、数店舗のコンビニを経営するに至っている。



動物病院

社長の略歴:大学卒業後、数件の動物病院に勤務。
その後、某動物関連会社に併設されている動物病院の院長に。
不運にも同社の倒産に伴い、退社をよぎなくされたが、患者さんを引き継ぐ形で独立。1年半は、個人事業として営業。

事業形態:獣医師として、他の病院に見られない鍼治療を行い、手術をしないという選択を患者さんに提供。その結果、売上も堅調。また、そのバイタリティは、既存の仕事だけにとどまらず、さらなる可能性の探求や好奇心から法人化を決意!



損保代理店

社長の略歴:地元金融機関に5年間勤務し、その後、損保代理店業を開始。

事業形態:個人事業として、売上が順調に推移し、それに伴い税額の負担も重くなってきた。
節税とさらなる事業規模の拡大を求め、「法人成り」する。
有能なスタッフを採用することができたが、追加採用も考えている。



食品材料卸

社長の略歴:中堅商社に約5年間勤務。会社のあるプロジェクトの終了を機に退職し、そのプロジェクトを引き継ぐ形で個人事業を開始。

事業形態:取引先のほとんどは、大手メーカー。事業内容から多額の資金調達も必要になってくる。
個人事業での限界を感じ、法人成り。
メーカーからの信頼も受け、安定供給できるようになり、得意先も数百件規模まで広がってきた。現在、業界内での知名度はかなり高くなっているという。



住宅改修業

社長の略歴:業界大手に20年間勤務。同じ業種で独立。しかし、事業開始直後は仕事もなかなか受注できない状態。そんな中で、ある特定のものに特化。その後、売上が順調に伸びる。

事業形態:事業拡大と節税を目的として法人化。一人会社として設立したが、受注の増大に伴い、従業員を複数採用する。のびしろが大きい業界とは言えないが、売上、利益ともに堅調に推移している。



失敗しない「法人成り」

「法人にしてよかった」と言われるために全力を尽くします!


事業を法人化することが果たしてベストでしょうか?
「あの時もっと真剣に考えておけば・・・」とならないためにも、ご自身で「法人成り」について、お勉強をしてください。
「法人になると何が変わるのか?」「個人事業との違いは?」


法人のメリットを享受できるのか?
法人のメリットを最大限に活かせるのであれば、法人化すべきですが、そもそも法人のメリットとは何でしょうか?デメリットとはなんでしょうか?
後悔しないためにも、よく考える必要があります。


是非とも専門家に相談することをお勧めします。
ご事情は、個別に異なります。
ここに書いてあることがすべてではありません。
後で「あの時法人なんかにしなければ・・・」なんてならないためにも、専門家には是非とも相談してください。
「石橋を叩いて渡る」くらいの慎重さが今の時代には必要なのかもしれませんよ。

皆様が、失敗しない「法人成り」の一助になれれば幸いです。


「法人成り」の5つのチェック

[check]節税だけが目的の「法人成り」ですか?金銭的な損得勘定だけで法人化を考えてはいませんか?

[check]法人化することでの「メリット・デメリット」を理解していますか?

[check]個人事業から法人化する際の注意点を理解していますか?

[check]法人化するための手続きを把握していますか?

[check]法人組織にすることにより、事業の更なる発展を目指す覚悟はできていますか?


当事務所へのご相談

下記のフォームに、

  • お名前・連絡先メールアドレスをご記入の上
  • 事業内容
  • 事業規模(売上高・従業員数等)
  • 法人化を検討している理由(わけ)
  • 法人化するにあたり、判断に迷うこと等相談内容

をお書きください。
2〜3日中にご連絡申し上げます。

お名前*
会社名
メールアドレス*
ご住所*

郵便番号 :
都道府県 :
市区町村 :
番地建物 :


電話番号*
税理士の必要性
ご相談内容*
税理士からの返信方法


※弊社に情報をお送りいただける場合は下記のプライバシーポリシーに

ご同意いただけたものとみなさせていただきます。

佐藤浩崇税理士事務所

既存のお客様は、20代後半から30代、40代前半と比較的若い経営者様が多い税理士事務所です。

 ↓ ↓ ↓ ↓
 HPは、こちら


a:1934 t:1 y:1

「法人成り」の事例

飲食店(日本料理店)

社長の略歴:大手小売店にて10年間勤務。その後、飲食業を開業。

事業形態:当初は、独学で料理を提供していたが、客足が伸び悩み、店を続けながら、師を得て修行に励む。その後、売上も順調に伸びてきて、従業員を多く抱えるようになった。
個人事業として約15年続けたが、店舗規模の拡大に伴い、法人化へ。今や、テレビや雑誌で取材を多く受けるようになるまでに至っている。

コンビニエンス・ストア

社長の略歴:大手広告代理店に20年勤務。その後、個人事業主として大手コンビニエンス・ストアと契約し、事業を開始。

事業形態:店舗の売上は、堅調に伸び、家族が十分に生活できるくらいの収入を得ることができた。そんなところに、競合店オープンの噂。多店舗化へのシフトができなければ、これまでの売上を確保できないと判断し、資金調達のハードルを下げるために法人化を決意。
現在、数店舗のコンビニを経営するに至っている。

動物病院

社長の略歴:大学卒業後、数件の動物病院に勤務。
その後、某動物関連会社に併設されている動物病院の院長に。
不運にも同社の倒産に伴い、退社をよぎなくされたが、患者さんを引き継ぐ形で独立。1年半は、個人事業として営業。

事業形態:獣医師として、他の病院に見られない鍼治療を行い、手術をしないという選択を患者さんに提供。その結果、売上も堅調。また、そのバイタリティは、既存の仕事だけにとどまらず、さらなる可能性の探求や好奇心から法人化を決意!

損保代理店

社長の略歴:地元金融機関に5年間勤務し、その後、損保代理店業を開始。

事業形態:個人事業として、売上が順調に推移し、それに伴い税額の負担も重くなってきた。
節税とさらなる事業規模の拡大を求め、「法人成り」する。
有能なスタッフを採用することができたが、追加採用も考えている。

食品材料卸

社長の略歴:中堅商社に約5年間勤務。会社のあるプロジェクトの終了を機に退職し、そのプロジェクトを引き継ぐ形で個人事業を開始。

事業形態:取引先のほとんどは、大手メーカー。事業内容から多額の資金調達も必要になってくる。
個人事業での限界を感じ、法人成り。
メーカーからの信頼も受け、安定供給できるようになり、得意先も数百件規模まで広がってきた。現在、業界内での知名度はかなり高くなっているという。

住宅改修業

社長の略歴:業界大手に20年間勤務。同じ業種で独立。しかし、事業開始直後は仕事もなかなか受注できない状態。そんな中で、ある特定のものに特化。その後、売上が順調に伸びる。

事業形態:事業拡大と節税を目的として法人化。一人会社として設立したが、受注の増大に伴い、従業員を複数採用する。のびしろが大きい業界とは言えないが、売上、利益ともに堅調に推移している。



失敗しない「法人成り」

「法人にしてよかった」と言われるために全力を尽くします!


事業を法人化することが果たしてベストでしょうか?
「あの時もっと真剣に考えておけば・・・」とならないためにも、ご自身で「法人成り」について、お勉強をしてください。
「法人になると何が変わるのか?」「個人事業との違いは?」


法人のメリットを享受できるのか?
法人のメリットを最大限に活かせるのであれば、法人化すべきですが、そもそも法人のメリットとは何でしょうか?デメリットとはなんでしょうか?
後悔しないためにも、よく考える必要があります。


是非とも専門家に相談することをお勧めします。
ご事情は、個別に異なります。
ここに書いてあることがすべてではありません。
後で「あの時法人なんかにしなければ・・・」なんてならないためにも、専門家には是非とも相談してください。
「石橋を叩いて渡る」くらいの慎重さが今の時代には必要なのかもしれませんよ。

皆様が、失敗しない「法人成り」の一助になれれば幸いです。


「法人成り」の5つのチェック

[check]節税だけが目的の「法人成り」ですか?金銭的な損得勘定だけで法人化を考えてはいませんか?

[check]法人化することでの「メリット・デメリット」を理解していますか?

[check]個人事業から法人化する際の注意点を理解していますか?

[check]法人化するための手続きを把握していますか?

[check]法人組織にすることにより、事業の更なる発展を目指す覚悟はできていますか?


当事務所へのご相談

下記のフォームに、

  • お名前・連絡先メールアドレスをご記入の上
  • 事業内容
  • 事業規模(売上高・従業員数等)
  • 法人化を検討している理由(わけ)
  • 法人化するにあたり、判断に迷うこと等相談内容

をお書きください。
2〜3日中にご連絡申し上げます。

お名前*
会社名
メールアドレス*
ご住所*

郵便番号 :
都道府県 :
市区町村 :
番地建物 :


電話番号*
税理士の必要性
ご相談内容*
税理士からの返信方法


※弊社に情報をお送りいただける場合は下記のプライバシーポリシーに

ご同意いただけたものとみなさせていただきます。

佐藤浩崇税理士事務所

既存のお客様は、20代後半から30代、40代前半と比較的若い経営者様が多い税理士事務所です。

 ↓ ↓ ↓ ↓
 HPは、こちら


a:1934 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional